【カメラ散歩】伊東市川奈の三島神社へ

お散歩
伊東市川奈三島神社狛犬

こんにちは、chです。今回のカメラ散歩は伊東市川奈の三島神社です。無料の駐車場に車を停めてから歩きます。

ここも何度も行っているところですが、「こんな時代だからこそ神社に行こう」というYouTubeを観て、神社に行ってみようと思いました。

「こんな時代だからこそ」というのは、今は自分さえ良ければ・・・という人が多くなっているので、「心改めよ」ということでした。YouTubeはいろいろな人が投稿していますが、ためになる動画も多いのでおもしろい。

【カメラ散歩】伊東市川奈の三島神社へ

伊豆地方の入り口として三島大社が三島にあり、伊豆半島には三島神社が多く存在し、海を守っているように感じます。

下の画像は神社の境内から撮った「川奈の海」です。

今回はSONYα7Ⅲミラーレスカメラレンズキットでの撮影です。

35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー搭載、最高約10コマ/秒高速連写、高速・高精度なAFを実現しフルサイズミラーレスの新基準 SONY HP

雌(メス)の狛犬

最初の画像ですが、雌(メス)の狛犬です。本来狛犬は両方が雄(オス)のはずなのですが、雌(メス)の狛犬がいるということは、造った人が子孫繁栄を願ったものかと想像してしまいました。

江戸時代の頃から雄、雌の狛犬が造られることもあったようです。

良く見ると雄、雌がわかるように造られています。

雄(オス)の狛犬

わかりにくいですが、確かに造られた雄(オス)のシンボルが。雌(メス)には雌(メス)のシンボルが彫られています。

この狛犬は明治時代に造られたもので(明治37年10月15日と彫られていました)、時代の流れを経て、造る人の自己流で狛犬が造られるようになったのかもしれません。

本来、(奈良時代から平安時代の頃)狛犬というものは寺や神社を守る霊獣であって、強くて逞しい雄(オス)であったようです。

江戸時代頃から雄、雌の狛犬が登場したのは、女性も強くなってきたから?なのでしょうか・・・?(笑)

拝殿

古い神社なので老朽化が進み、仕方がないと思いますが建て替えられていました。

建て替えられる前はこのように風情がありました。→ 

2013年に私が書いたアメブロですが、今回と同じような内容になっているのがおかしいです。

1988年に建てられた石碑に創建800年祭とあるので、平安時代の頃となり、歴史ある神社であることがわかります。

三島の三島大社の創建は不明のようですが、奈良時代、平安時代の古書に記録が残されているそうなので、伊豆半島の三島神社も同じ頃の創建と言えるのかもしれません。

おわりに

SONYデジタル一眼カメラα7Ⅲレンズキットを持っての散歩でした。

最後に手水はできないようで、このような貼り紙が!カラスやタヌキがお水を飲みにくるのかな?(笑)

興味のある場所へお気に入りのカメラを持って「カメラ散歩」。スマホで綺麗な写真を撮ることができる時代ですが、大切なカメラと被写体と自分の貴重な時間は大切にしていきたい。

この記事を書いた人。画像を撮影した人。
ch
ch

小さな幸せに結びつくことを発信していきます。写真はchが撮影。カメラはずっとSONYで、今はα7 IIIを愛用しています。SONY製品は使いやすく素人でも楽しんで利用できます。誰かに教えてもらうわけでもなく、好きなように撮っているので、ピントがあっていない写真もあります。

chをフォローする
お散歩
chをフォローする
タイトルとURLをコピーしました